スマートハイパーロードナット
T-スプリング
ハイパーロードスプリング
ハイパーロードナット
納入実績

写真集(鉄道)

写真集(道路)

写真集(設備)

販売代理店
自社試験機


ハイパーロードナット
ハイパーロードナットとは
ナットの中にスプリングを内蔵した高機能の緩み止めナットです。
通常のナットと全く同一の使用方法でお使い頂け締付け、取外しは汎用工具で可能な構造となっております。ナットと一体化されたスプリングの特性を生かしナットのゆるみ、脱落を完全に防止します。
尚、繰り返しご使用いただいても緩み止め効果は保持出来ます。
サイズ・寸法表
ハイパーロードナットの種類
汎用サイズ:M8、M10、M12、M16、M20、M22、M24
材    質:SS400相当、S45C、SUS304
め っ き:三価クロメート、溶融亜鉛メッキ(どぶ)
*その他太径サイズ・材質・メッキをご希望の方はご相談下さい。
ハイパーロードナットの性能
NAS3350規格に準拠したゆるみ試験機による「ナットのゆるみ試験」においてもゆるみ止め効果は抜群です。
取付け取外し手順書
【専用開口ソケットを使用】
開口ソケット部位 ハイパーロードナット部位
※ 適用:ラチェットレンチ、インパクトレンチ、電動レンチ
※専用開口ソケットは別売りです。
■ 取付け手順1:専用の開口ソケットを使用
①開口ソケットの切りかき部にハイパーロードナットのリリース端部をはめ合わせる ②ハイパーロードナットを締付ける(リリース部が移動する) ③取付け完了
■ 取外し手順1:専用の開口ソケットを使用
①開口ソケットの切りかき部にリリース部をはめ合わせる ②開口ソケットの切りかき部にリリース部をはめ合わせながらソケットをナットに挿入 ③取外し完了
■ 注意点(専用の開口ソケット使用時)
取付け時に切りかき部とリリース部をはめ合わせずに挿入しないで下さい。 取外し時に切りかき部とリリース部をはめ合わせずに取外しをしないで下さい。 取付け完了時ハイパーロードナットのスプリングが飛出してしまっている。
開口ソケットの切りかき部に再度ソケットをはめ合わせて締付けて下さい。 開口ソケットを一度取外し、再度切りかき部にリリース部をはめ合わせて挿入して下さい。 取外して再度取付けを行って下さい。挿入がうまくいかない場合はナットを取換えて下さい。
■ 取付け手順2:スパナによる取付け
(注意点)
(1)スプリングの方からボルトに挿入しないで下さい。
(2)スプリングの突起部にスパナを引っかけないよう注意して下さい。
■ 取外し手順2:スパナによる取外し
(注意点)
(1)突起部を緩め方向に押さずに取外すことはやめて下さい。
■ 取付け手順3:12角ソケットによる取付け
(1)ソケットによる締付けの際は12角のソケットレンチをご使用下さい。
■ 取外し手順3: 12角ソケットによる取外し
(1)6角のソケットレンチによる取外しはやめて下さい。
(2)スプリングを12角ソケットにはめ合わすことが出来ない場合、ソケットによる取外しはお控えください。
取扱の注意点
・溶融亜鉛めっき用のボルトをご使用の際には、ハイパーロードナットも溶融亜鉛めっき用ナットをご使用ください。
・取外し手順に従い取外しを行ってください。万が一上記手順ではなく取外した場合、ナットが壊れる可能性があります。その際には、再使用は避けて下さい。
・製品についてご不明な点がございましたら、
株式会社KHI(連絡先:093‐481‐8555)までご連絡下さい。
このページのトップへ