製品案内 Products Introduction

取り扱い製品のご案内

クリープ試験機

高温クリープ試験機

高温クリープ試験機

用途・使用目的

各種金属材料の高温における長時間クリープの破断挙動を求めるために用いられます。近年各産業界の技術革新に伴い原子力関係、宇宙関係、高温高圧機器装置に広く使用されている耐熱材料に不可欠な試験装置です。

仕様

特殊雰囲気中(He,CO,CO2,CH,H2等)でのクリープ試験機も提供可能です。また、大形クリープ(容量500kN)、シングルクリープ、マルチクリープ(6連式)、リラクゼーション試験機も製作いたしております。

このページのトップへ

高温電気炉用自動温度調節器 CF-1000D

CF-1000Dは、クリープ試験に多くの実績を持つCF-200Aの後続機種です。

高温電気炉用自動温度調節器

型式

多点自動PIDコントロール式温度調節器 CF-1000D

用途・使用目的

クリープ試験機の温度コントロールに用いる専用の温度調節器です。

特長
  1. 複数個のヒータを持つ電気炉を高精度で安定した温度コントロールをするのに最適です(特許 第1568833号)。
    • 昇温時は、各温度検出器と加熱ヒータとを対でPIDコントロールしているため、温度上昇時も良好な温度分布が得られます。
    • 一方、保温時は、炉内の雰囲気温度検出器の出力温度に基づき、全ヒータをPIDコントロールするため、試験片に貼付した温度検出器に損傷が生じても安定した温度を保持することができる機能が付属しています(温度キープ機能)。
  2. カラータッチパネル(5.7インチ TFTカラーLCD、バックアップ機能及びスクリーンセーバー機能付)で設定と表示。
    • 試験片の上、中、下温度(上、中、下温度とは、試験片表面に貼付された熱電対温度)及び炉内雰囲気温度(炉内雰囲気温度とは、試験片表面近傍に設置された温度検出器温度)の計4温度を0.1℃まで表示。
    • 温度設定は、小数点第一位(0.1℃)まで設定出来ます。
    • アラームを一括表示(絶対温度の上限/下限、相対温度の上限/下限、外部、破断など)し、ヒータ自動OFF機能並びに外部出力機能を備えています。なお、相対温度については、警報遅延設定ができます。
    • ヒータON時間及び破断経過時間を表示できます。
  3. 自動PIDコントロール機能
    • PIDオートチューニング機能にて自動で最適なPIDを検出します。(手動でのPID設定もできます)
  4. 熱電対補正機能
  5. R及びK熱電対に対応(ご発注時に使用される熱電対の種類R/Kをご指定ください)
  6. オプション機能(2と3は、納入後の機能追加はできません)
    1. 上昇及び下降温度速度コントロール機能
      温度上昇及び下降勾配を目標設定温度の%/minで設定できます(最大60min)
    2. 測定温度(4点)のアナログ出力機能
    3. RS-485(USB専用変換器)による通信機能
仕様
本体
型式 CF-1000D
温度検出器 R熱電対 あるいは K熱電対
温度設定範囲 0〜1250℃
温度制御精度 ±1.5℃  : 300℃〜1000℃(TKS製電気炉使用時)
温度コントロール方式 SCR PIDコントロール:自動PIDコントロール
手動PIDコントロール(設定範囲 P:0〜最大温度設定範囲、
I:0.1〜3600.0秒、D:0/0.1〜3600.0秒)
電気炉容量 3KW/5KW
アラーム機能

タッチパネル上に一括表示
アラーム履歴:アラーム発生、解除の履歴(100件分保存可)

アラーム機能詳細
アラームの種類 ヒータ自動OFF 外部DO出力 アラームランプ
絶対温度上限*
絶対温度下限*
相対温度上限*
相対温度下限*
検出器断線
過昇温度上昇
外部異常
外部異常温度
破断

*) 設定/不設定を選択できます。

○) アラーム機能ON時に作動します。

●) アラーム発生時に作動します。

電源 AC100V / AC200V(フリー電源)
使用環境 -10〜50℃、5〜95%RH(結露不可)

運転時のモニター画面
運転時のモニター画面

PIDの設定時画面
PIDの設定時画面


このページのトップへ

高温マルチクリープラプチャ試験機

高温クリープ試験機
科学技術庁金属材料技術研究所納入

用途・使用目的

高温マルチクリープラプチャ試験機は1台で多数の試験片の装着を可能としたもので、試験片1本当りの費用の低減を目的としています。したがって、新鋼材の開発または品質管理など、ラプチャー試験機で比較検討する場合に偉力を発揮します。すなわち試験片1本当りの電力、設置面積はほぼ、1/10になり、試験機の増設に伴う設備費、維持費の節減になります。

仕様

荷重範囲・・・50〜1,500kg
荷重精度・・・±0.5%
許容伸び・・・±5mm
試験片寸法・・・6φ×30GLmm
試験片本数・・・6×3本
機高寸法・・・2,260mm
レバー比・・・1:10(単槓桿方式)
レバー数・・・6本

※お客様のご要望により、レバー数を変えることも可能です。

このページのトップへ