企業イメージ Company image

ロゴマークについて

ロゴマークに使われている「青」・「赤」・「緑」・「紫」は、“光のイメージ”として展開しています。

青:東京衡機の技術力

真っ青な海や空を眺めていると、不思議と心が安らぎ、ポジティブな気持ちになります。
そのことから「青」は冷静、自立、希望を象徴し、また知性、誠実のイメージをもつ色といわれています。次代のシーズを冷静に判断し、お客さまのご要望に的確に応えるため、あらゆる知性を集約した、東京衡機の“技術力”を「青」で表現しています。

赤:東京衡機の独創性

万物に惠みを与えてくれる太陽の色「赤」は、外へと向かうパワーを感じさせます。情熱、エネルギー、ダイナミック、活動的なイメージがあり、幸運を招く色としても知られています。新しい時代へ挑むエネルギーとなる、東京衡機の“独創性”を「赤」で表現しています。

緑:東京衡機の人

自然の美しさや木々の芽吹きを連想させる「緑」は、すがすがしさ、新鮮さ、新しい可能性、生命力を象徴する色です。いつまでも新鮮で、新しい可能性に満ち、時代を乗り越える生命力を備えた東京衡機の財産“人”を「緑」で表現しています。

紫:東京衡機の伝統

染料の入手が困難なこと、染め出す技術が高度なことにより、古来から「紫」は高貴な色として崇められ、また伝統、古典のイメージを持つ色です。1923年創業という長い歴史を誇る、東京衡機の“伝統”を「紫」で表現しています。

このページのトップへ