環境方針 Environmental Policy

当社は、2005年4月25日に本社・相模工場の試験機事業において、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001:1996の認証を取得し、その後2004年版に移行し活動を継続してまいりましたが、当社の環境マネジメントシステムは成熟し、日常業務の中で十分にその効果が発揮されるようになったと判断し、2010年12月31日をもってISO14001の認証を返上し、2011年1月より以下の環境方針の下で自主的な環境活動を行っております。

当社(本社・相模工場)は引き続き、環境保全への取り組みを経営の最重点課題の1つと捉え、以下の方針に従い地球環境保全に貢献する企業を目指す。

  1. 環境に配慮した技術と製品の開発に取り組み、地球環境保全と企業活動の調和に努める。
  2. 省資源と省エネルギーを推進し、環境負荷の低減に努める。
  3. 廃棄物の分別・リサイクル及び化学物質の適正管理を行い、環境汚染の防止に努める。
  4. 環境関連法規や各種要求事項の順守に努め、環境保全に積極的に取り組む。
  5. 環境目標や管理基準等を定め、継続的な改善に努める。

株式会社東京衡機
代表取締役社長 山本 勝三

改訂日 2014年9月1日

このページのトップへ